乾燥

なぜ乾燥肌になってしまうのか?

本来、お肌の角質層には、水分を保持したり、アレルゲンや紫外線からお肌を守る機能が備わっています。
そのため、【正しいスキンケア】をして角質層が健全であれば、それほど乾燥に悩まされることはないはずなのです。
それではなぜ、乾燥肌の人は保湿能力が低下したのでしょうか?

179977

お肌の水分を保持する三大要素

乾燥肌の原因をご説明する前に、まずはお肌が水分を保持する三大要素を再確認しましょう。

①皮脂膜

・保湿貢献度:約2%
・成分/生成方法:毛穴から分泌された皮脂と、汗腺から分泌された汗がまざってできた”天然”のクリーム
・役割:角質がはがれるのを防いだり、お肌の水分が蒸発するのを防ぎます。
【お肌の滑らかさを保つ】のも皮脂の役割です。
皮脂はお肌を正常に保つのに大変重要な役割を果たしていますが、お肌の水分保持に対する貢献度は【約2%程度】と低く、98%は角質層の細胞間脂質とNMF(天然保湿因子)が担っています。

549503

②NMF(天然保湿因子)

・保湿貢献度:約18%程度
・成分:アミノ酸、PCA(ピロリドンカルボン酸)、ミネラル、尿素などによって構成されています。
・生成方法:角質層の下にある顆粒層の細胞内のタンパク質が角質層に押し上げられていく過程でNMFへと変化して生成されます。
・役割:水分を吸着して角質層に保持し、お肌の柔軟性と弾力性を保ちます。
お肌の水分保持力の約18%を担うのがNMF(天然保湿因子)
NMF(細胞間脂質)のバランスが崩れると、乾燥するだけではなく、角質層の下の顆粒層が健康に育たず、【ターンオーバーそのものに影響】を与えてしまうといわれています。

③細胞間脂質(セラミドなど)

・保湿貢献度:約80%
・成分/生成方法:胞間脂質の約40%を占めるセラミドをはじめ、遊離脂肪酸、コレステロールなどからできています。
・生成方法:生きている角質細胞は、細胞内にセラミドが存在しますが、ターンオーバーで細胞が押し上げられて肌の最も表面にある角質層に到達した時に、【細胞は核がなくなり】死んでしまいます。
その時に細胞内のセラミドが角質層内の細胞間脂質に放出され、セラミドが細胞間に存在するようになります。
・役割:角質細胞同士の隙間を埋め、外部からの刺激の侵入や、体内の水分の過剰な蒸散を防ぎます。
保湿要素の約80%を占める細胞間脂質は、お肌の水分を保持する点で【最も重要な要素】となります。

お肌には保湿能力があるのに、なぜ乾燥肌になる?

上述のよう細胞間脂質、NMF(天然保湿因子)皮脂膜の働きを低下させる主な原因は以下の通りです。

①間違ったスキンケア

私たちは多くの化粧品と美容情報に囲まれ、日々せっせとスキンケアをしています。
しかし、そのスキンケアが間違っていると、自ら【お肌の保湿能力を弱め】、乾燥肌に陥ってしまっています。
皮膚科を受診する人のほとんどは、皮膚疾患などが原因ではなく、スキンケアが間違っていることによって乾燥肌になっているそうです。
『乾燥肌の原因①間違ったスキンケア』では、乾燥肌を発生させる間違ったスキンケアについて詳しく解説しています。

②食事・食生活

近年は、極端なダイエットや偏食、ファストフードの多用、欧米型食生活の浸透などにより、10代でもお肌の乾燥に悩む人が増えています。
『乾燥肌の原因②食事・食生活』では、どのような食事や食生活が乾燥肌の原因になるのかについて解説しています。

③生活習慣

睡眠不足、エアコン、ストレス、入浴など、私たちの日常生活には、角質層の【保湿機能を低下させる要因】がたくさん潜んでいます。
『乾燥肌の原因③生活習慣』では、乾燥肌の原因となる生活習慣や日常生活について、詳しく解説しています。

④エイジング

更年期に差し掛かると、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が大幅に低下します。
エストロゲンは皮膚や粘膜を健やかに保つ働きがそなわっているため、エストロゲンの減少によってターンオーバーの乱れた肌はこれまでのしみ、しわ、たるみに合わせてお肌の乾燥や肌荒れを引き起こします。
乾燥し、コラーゲンによる弾力性を失ったお肌は【バリア効果】が低下。
乾燥や、乾燥からくるかぶれや過敏反応などのトラブルも起こりやすくなります。

乾燥肌へのアプローチ

正常なターンオーバーを取り戻すことで、お肌は【健康な状態を取り戻し】、世良美都や皮脂のバランスが整います。
すると乾燥や、敏感肌の改善がみられます。
同時に【コラーゲンやエラスチンの生成】も期待されますので、若々しい弾力のある、ふっくら、しっとりとしたお肌を取り戻すことができます。

イスタナロゼではターンオーバーを正常化させるエンビロンなどをとりいれ、表面上の保湿だけではなく根本からの感想改善をご提案します。

おすすめのお化粧品