ニキビ

思春期の悩みのイメージがあるニキビ、しかし最近は大人のニキビも増えてきました。
ニキビは、「尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)」という皮膚の病気です。
たかがニキビと思って放っておいてしまうと痕が残ってしまうこともあります。ニキビには適切なケア、治療が必要不可欠
ニキビ痕が残って後悔しないためにも、ニキビの種類やできるメカニズムを知っておきましょう。

それではニキビの出来るメカニズムをチェックしてみましょう。

454082

[vc_zigzag]

■毛穴のつまりと皮脂分泌がニキビの原因?

思春期にできるニキビも大人になってからできるニキビも、毛穴の入口が何らかの理由で詰まってしまう事が原因となります。

■毛穴が詰まってしまう原因は?

新陳代謝の低下や、ホルモンの影響等で肌の表面が硬くなってしまい、毛穴付近のターンオーバーが正常に行われなくなると、毛穴が詰まってしまいます。
またタオルなどで顔を強く擦るなどの過剰な刺激により、肌を守ろうとして角質が硬くなり皮脂がつまりやすくなることもあります。

■皮脂分泌が盛んになる原因は?

ニキビは、皮脂分泌が活発な顔や胸元、背中などに現れやすいです。
それらの箇所の皮脂分泌が活発となり、脂性になることからはじまります。
皮脂の分泌が活発になる原因は下記のようなものがあります。

成長ホルモンの影響

思春期になると成長ホルモンの分泌が増加します。
特にTゾーンの皮脂分泌が増え、ニキビができやすくなります。

ストレス=男性ホルモンの影響

思春期になると、男性に多く分泌されるのが男性ホルモンですが、女性にも少なからず分泌されています。
また男性ホルモンは、皮脂分泌を活発にさせ、その上皮膚の角化を促す働きがあります。大人になってからはストレスなどにより女性にも男性ホルモンの分泌が高まってしまい、女性のニキビの大きな原因となってしまいます。よく、大人は顎回りなど、男性のヒゲが生えるところにニキビができるのはこのためだったんですね。

黄体ホルモンの影響

黄体ホルモンは、皮脂分泌の作用がありますが、生理前は、この黄体ホルモンの分泌によって、ニキビができやすくなり、すでにできてしまったニキビも悪化しやすくなります

■ニキビへのアプローチ

ニキビの原因は毛穴の詰まり、過剰な皮脂分泌が原因。そして、長引くニキビ跡や色素沈着の原因は炎症にあるということです。
イスタナロゼではターンオーバーの正常化に導くお化粧品で毛穴詰まりと皮脂分泌のコントロールを行います。
合わせてプラズマシャインで炎症を鎮静させ、炎症の長引きを防ぐことでクリアな素肌へ導きます。

毛穴