シミ・そばかすの種類やメカニズム

一口に『シミ』『そばかす』といっても、いくつか種類があり、それぞれ原因も異なります。
シミの原因であるメラニンやシミ・そばかすの種類についてみてみましょう。

メラニンとは

・メラニンの役割

細胞の中にある核が紫外線にあたると、核の中にあるDNAを破壊、変異して、細胞が死んだり皮膚癌を引き起こしたりします。
それを防ぐために、表皮の最下層にある基底層のメラノサイトが、メラニン色素を産生し、それを周囲の表皮角化細胞に供給することで、傘のような役割をして真皮に紫外線が届かないようにブロックしています。

・しみ・そばかすになるメカニズム

メラニンは色素細胞の中で、チロシンというアミノ酸から生成されます。
チロシンはチロシナーゼと呼ばれる酸化酵素によって次々と反応・変化してメラニンへと変化していきます。
本来、産生されたメラニンは通常の表皮のターンオーバーによって角質とともに垢として排出されます。
紫外線により角化細胞(ケラチノサイト)に異常が起こると、色素細胞に『メラニンを作りなさい』という指令が出続け、メラニンが過剰に作り出されます。
またホルモンも直接色素細胞にメラニンを多く作らせます。
そうやって過剰に作り出されてしまったメラニン色素は、ターンオーバーとともに排出しきれずに残ってしまうのです。
また、ターンオーバーの乱れも排出出来ない理由の1つ。
加齢に加え、紫外線、ナイロンタオルによる摩擦などの物理的刺激やストレス、ホルモンバランスの乱れなどの内的要因によることもあります。

シミの種類

シミの種類と原因を見てみましょう。
シミといっても、いくつか種類があり、原因はもとより、それぞれの形状、出る場所、治療法も異なります。

・老人性色素斑

シミの中でもっとも多いのは、紫外線が原因のシミ。
頰骨の高いところやコメカミにできやすく、数㎜~数10㎜ほどの大きさの平坦で丸い色素斑であることが多いです。

・肝斑

頬骨や鼻の下、額に左右対称にでる濃淡の均一なシミ。
30~40代の女性の方によく見られ、閉経とともに消えるので、女性ホルモンが関係していると言われています。
また、妊娠中やピルの服用中にも出現しやすくなります。

・雀卵斑(ソバカス)

細かい斑点が鼻を中心に顔全体に散らばったように出るソバカス。
遺伝的なもので、小学生の頃から出るのが普通です。
米粒大までの不規則な形で、色は淡褐色。
成長とともに増えたり、紫外線の影響で濃くなることもあります

・遅発性両側性太田母斑

額や目のまわり、頬などに生まれつきある茶褐色、青色のあざで、特に日本人に多いと言われています。
生後まもなく出現するものもあれば、20歳過ぎてからできるものもあります。

・脂漏性角化症

イボ状に盛り上がった状態のシミ。
シミの角化が進み、隆起したもので、手の甲に出るケースも多いです。

上記の他にも、炎症性色素沈着、摩擦黒皮症、花弁状色素斑などがありますが、それぞれ原因も治療法も異なります。
素人判断による自己流のケアを続けることでかえって悪化させてしまうこともあります。

イスタナロゼではターンオーバーを正常化するお化粧品やマシンで、しみやそばかすの原因であるできてしまったメラニンを排出するお手伝いを行います。
サロンでのマシンケアと結果重視型コスメラインの併用で綺麗をプロデュースします。

[/vc_row]