564568

しわ・たるみ

肌のハリが失われる原因

肌は、上から『表皮』『真皮』『皮下組織』という3層構造になっており、上から2番目にある真皮は、肌を内側から支える土台になる部分。
その真皮には、丈夫で太い『コラーゲン線維』が網目状に張り巡らされています。
コラーゲン線維が交差する部分は、弾力のある『エラスチン線維』がしっかりとつなぎ止めることで、表皮を下から支え上げ、肌のハリや弾力を維持しています。
そして、コラーゲンとエラスチンの隙間を埋め尽くすヒアルロン酸は、肌のうるおいを保つ役割を担っています。
この3つの成分は、真皮に存在する『線維芽細胞』によって生み出されますが、線維芽細胞の力が衰えると、コラーゲンなどが変性したり、減少したりして、ハリや弾力の低下へとつながってしまいます。
このため、これらの線維の量が減ったり、変性したりすると、ハリや弾力が低下し、重力によって皮膚が垂れ下がり、たるみが生じてしまうのです。

加齢以外に紫外線や乾燥などの影響もハリ低下の原因に

コラーゲンやエラスチンの質を低下させたり、減少させたりする要因には、次のものがあります。

・加齢

コラーゲンやエラスチンは、真皮にある『線維芽細胞』によって生み出されますが、年齢を重ねると、線維芽細胞の数や働きが衰えてしまいます。

・紫外線

紫外線は、表皮を透過して真皮にまで届き、コラーゲンを傷つけたり、エラスチンを変性させる酵素の分泌を促したりします。

・乾燥

表皮の一番上には、外的刺激が肌内部に侵入するのを防ぐバリアとして機能する『角質層』があります。
肌が乾燥すると、この角質層のバリア機能が低下するため、紫外線のダメージを強く受けるようになってしまいます。

・活性酸素

体内に発生する『活性酸素』は、コラーゲンやエラスチンを変性させる酵素の分泌を促したり、線維芽細胞を弱らせて、コラーゲンやエラスチンの産生力を低下させたりします

・女性のホルモンの減少

女性ホルモンの『エストロゲン』には、コラーゲンやエラスチンの生成を促す作用があるため、加齢とともにその分泌量が減ると、肌のハリも低下してしまいます。

・生活習慣の乱れ

偏った食生活による栄養不足、睡眠不足などが続くと、肌が生まれ変わるサイクルを維持できず、ハリの低下を招いてしまいます。

・喫煙

喫煙をすると、活性酸素が大量に発生するだけでなく、コラーゲンの合成に欠かせないビタミンCが破壊されてしまいます。

お肌の張りが失われるとしわやたるみが発生します。
しわの種類について細かくみていきましょう。

しわの種類

・乾燥によるしわ

目や口の周りに細かく小さなしわができているのなら、それは乾燥ジワです。
この乾燥ジワの原因は、名前のとおり乾燥です。
お肌が乾燥すると、お肌の表面がカサカサになって細かい、ちりめんジワができます。
細かいからといって油断していると、しわが集まって大きな太いしわになってしまうこともあります。

・表情ジワ

口元を動かしたり笑ったりするとしわができる、もしくはほうれい線が目立つ場合、それは表情ジワの可能性があります。
表情ジワは、何度も同じところにしわを寄せることによって、皮膚が形状記憶したようにしわとして覚えてしまうのが原因です。表情ジワの中でも、ほうれい線は一番できやすいしわでもあります。
こういった深いしわは、真皮層の深い部分や、皮下組織にまで深く刻まれてしまっていることがあります。

・筋肉老化ジワ

普段から顔の表情が乏しく、あまり顔の筋肉を動かさないという人は、この筋肉老化ジワが原因かもしれません。
顔の筋肉を動かさないで無表情な生活を続けていると、筋肉が老化・退化してたるみやしわの元になってしまうのです。

454012

イスタナロゼのアプローチ

イスタナロゼではしわの原因となるエラスチンのコラーゲンの低下に働きかけるためターンオーバーを若々しい肌に近づけるお化粧品を導入しています。ターンオーバーが正常化することで乾燥もケアされるので、乾燥じわも改善されていきます。

あわせて最先端のマシンを組み合わせてあなたの気になるしわやたるみを撃退します。

おすすめの施術メニュー

おすすめのお化粧品: